blog index

ここひろブログ

私たちは東京都青梅市、羽村市で在宅介護を中心とした介護サービスを展開しています。また、地域で暮らし続けることができる社会を目指し、グループホームや小規模多機能型居宅介護、そして一般家事代行などを手がけています。
<地域ケアサポートステーション ここひろ青梅>
訪問介護・居宅介護支援・福祉用具販売・貸与
<ライフサポートステーション ここかじ>
一般家事代行
<地域ケアサポート館 福わ家(ふくわうち)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<地域ケアサポート館 福ら笑(ふらわー)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
2019年9月 井上信太郎より
0

    あたりまえの幸せ

     

    私が福祉の仕事に携わったばかりの頃、深く印象に残り心に刻まれた曲がありました。それは小谷美紗子さんの『Gnu』(ヌー)という曲です。この曲は冒頭次の歌詞から始まります。

    「あたりまえの幸せを僕は忘れているのです、僕は立って歩ける。

    立って歩くということは私にはあまりにも当たり前。だけども当たり前でない人もいる、そのことにはすぐに気がつきます。さらに歌詞は次のように続きます。

    「たくさん持ってる僕の中からひとつあげた、たくさん持ってない人に手を貸しているつもりだった、たくさん持ってない人はその中からふたつくれていた。あぁ、僕ははずかしかった」

    とあります。福祉の専門職として考えるならば、支援(手を貸す?)を必要としている人にひとつ支援すると、必ず目の前の方が適切か不適切かを応えてくれる。それこそが専門職として成長の場となるので、ひとつ頂いたことになります。ただ、もうひとつ大切なものをもらっていて、実はかかわりの中で、人としての在り方を教わるのです。支援者としてかかわるときにはそもそも専門職として高いものが求めらますが、介護は手技だけではなく精神性も大きい。僕らは人生の先輩からすればあまりにも未熟。いくら手技にこだわっても精神性において私達の心の内側は見透かされ、例えば嘘の笑顔なども見破られているのもの。

    僕がまだ20歳くらいのころ、失敗に打ちひしがれたまま作り笑顔でケアにあたったとき、寝たきりのおばあさんが震える手で頭をなでてくれた。同僚の慰めなどなんの効果も示さなかったのに、その瞬間僕はすっかり救われてしまったのです。たとえ寝たきりでも、その震える手で救えるものがあったのです。今の僕がその証明。今の自分があるのはそれら数々の宝物のおかげなのです。そんなわけで今僕はこの福祉の仕事に出会えて幸せ。ひとつなにか差し出せばたくさんのことが帰ってくる仕事だと、今は知っているからです。今立って歩いている、その足で精いっぱい歩くことができる。見返りを求めず、持っているものをひとつ差し出せばおのずと持ちきれないほどの幸せが返ってきます。まずはこんな当たり前なことに感謝しながら、これからの一年をコツコツ歩もう。そんなことを考えた48回目の誕生日でした。数々の激励と祝福のメッセージをありがとうございます、この一年間でしっかり返していこう。

     

    | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2019年8月 井上信太郎より
    0

      認知症の世界

       

      認知症をもつと「お風呂に入りたがらないAさん」などと呼ばれることがあります。私が介護の仕事に就いた30年前のことを思い出してみると、ぼけている人はおかしなことを言うものであり、入浴拒否があって当然。だけど介護職としては何とか入ってもらわないと困るので、「衣服が汚れているので匂いますよ!」と説得したり、「ちょっとお出かけしましょう!」と嘘の誘いをするなどして、半ば強引にAさんにはお風呂に入っていました。ご本人の声に耳を傾けるどころか”面倒な人”として扱われ、ケアが流れ作業的に右から左へと済まされていたように記憶しています。このように、かつて認知症の人はおかしな行動やおかしな言動のある人と思われてきたのです。そのようなことから当時は『ぼけ老人』という言葉が使われたり、『痴呆』という言葉が使われてきました。痴呆とは愚かな人という意味があります。今はその言葉は見直されて『認知症』と呼ぶようになりました。『認知症高齢者』などと呼ばれることもまだありますが、認知症は高齢者だけに限らないため、現在では『認知症の人』と呼ぶことが一般的になっています。間に「の」が入るのと入らないのとではずいぶん印象も違いますね。ここで気を付けたいことは、「認知症」という部分に焦点をあてるのか、それとも「人」に焦点をあてるのかで、私たちのケアの方向性が大きく変わってしまうということです。

       「認知症」の人   or    認知症の「人」

      この左側の認知症という言葉に注目してしまうと、認知症をおかしな症状として捉えがちですが、右側の「人」の部分に焦点があたることによって、その人の生活背景や、性格、本人のこだわりといったところに視点が向くのです。ちなみにヨーロッパでは認知症の人のことを次のように表現します。

       「認知症の世界を体験している人」

      「認知症の世界を体験している人」この認知症の世界とはどのようなものなのでしょう、皆さんも興味や想像力がわいてきませんか?興味を持つことができたら目の前にいる認知症の人にその世界について尋ねてみてください。その際にはゆっくり丁寧に、誠実に、決して馬鹿にしたり訂正したりしないで、その世界は楽しい世界なのかそれとも辛く悲しい世界なのかを直接本人に聞いてみてください。聞き方次第で私たち健常者が経験をしたことのない認知症の世界についてご本人が語ってくれるかもしれません。私もこのようなことを心掛け日ごろから認知症の人とかかわっているのですが、その世界に触れたと思えた時に涙があふれてしまうことがあるんです。恥ずかしいので理由は言いませんが(笑)、ただ一つ思うことは認知症をもたないと経験することのできない世界について、もっともっと深い理解のある社会を目指さなくては!ということです。思っているだけならば誰にもできますね、私たちに求められているのは行動を伴った実績、がんばろう。

      | 心のひろば | 井上信太郎より | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
      2019年7月 井上信太郎より
      0

        「田子さんが福わ家(グループホーム)に帰ってきた。」 
         
        私たちは人生の頂きを目指す人のそばにぴったりくっついて離れない伴走者のようなもの。時には力強く手を引っ張ることもあるけれど、基本的には半歩下がってゆっくり見守ることがほとんどです。だけど今回は何とか手を引き戻してそちら側に行かないでほしいと、なじみの関係にあった人たち誰もが思ったはず。だけど行ってしまわれました...。さて、気を取り直して専門職として考えなくてはならない。それは今回田子さんのゴールに寄り添えたのは介護職員としては本望だったということ。なぜならばせっかく5合目まで寄り添ったのに、6合目から先は突然の入院や入所によって急なお別れをすることも多い仕事だからこそ、付き添わせてくださった田子さんや一緒に歩んでくださったご家族には感謝の気持ちを持たなくてはならないのです。介護を“仕事”としてだけで捉えると命に対してまで流れ作業となりがちだけど、専門職ならばその人が人生のゴールをきるまで伴奏するということを本気で考えなくてはならないのです。最終段階は家族もそして私たち介護職も辛い、なにより本人はもっと辛い。こんな大変な状況でも最後まで伴奏するためには、どんなに私たちが辛くても、痛くないか確認したり、苦しくないかたずねたり、どうしてほしいのかの意思をくみ取ったり、そして励ましたり勇気づけたりゆっくり見守ったりと、最後の最後まで伴奏者としての務めを果たすということです。福わ家のスタッフは夜勤であろうがお休みであろうが田子さんのゴールに立ち会い、みんなが感動し、感謝の気持ちを伝え、ご家族とともに見届けそのゴールを讃えたと聞いています。そんな人間臭いスタッフ達を私は誇りに思う、だけどまだまだ頼りない。最後までしっかり向き合うためにはもっともっと研ぎ澄まされた専門性と感性が必要。がんばれ現場。田子さんが教えてくれたことを忘れるな。

        | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
        2019年6月 井上信太郎より
        0

          最近鳥取の友人から、チームワーカー制度をうちでも始めることにしましたと報告を 受けました。この制度は弊社独自の取り組みとして、まもなく 10 年が経とうとしてい ます。その理念とは、 「スタッフ同士が、互いを認め合い、知識や技術を分かち合いながら、利用者さんが 心地よいと感じる瞬間を、ひとつでも多く作り出していくこと。」 私が福祉の仕事から最も学んだことは、人は皆違うんだということ。言い方を変えれ ば、認めたり補い合えば違っててもなんてことない、ということです。私たちの事業所 のモットーもこれとまったく同じで、技術や知識や経験をみんなで分かち合おうという ものです。分かち合うことを忘れてしまった人は自分の能力に溺れ、他者に威圧的にな り、弱い人や間違いの多い人を排除するようになります。このことが一番ダメなこと。 認めあって補い合って絶対に排除者を出さないチーム、それが私の考える最強のチーム なのです。 鳥取の友人も、人材不足やスタッフの人間関係のことで悩んでいました。スタッフの スキルレベルを維持する、そのために不出来なスタッフや、尖ったスタッフに対して熱 血指導にて矯正を図る! そんなことに力を注いできたそうです。一律同じことしかで きない人なんてロボットのようで、僕は逆に魅力を感じないのですがね(笑)。人が人 を看るこの仕事、色んな人がいるからおもしろいのですよ。 ついでに。弊社スタッフにはこの付き合いは死ぬまで続きますよっ! と話してま す。働けるならばずっと働いてほしい、誰かの支えが必要になっても雇用契約から介護 契約に変わるだけ(笑)と。

          | 心のひろば | 井上信太郎より | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2019年5月 井上信太郎より
          0

            ゴールデンウィークも私達の支援の手は止まりません! 国民の休日が連続して訪れるゴールデンウィーク、季節も良くて大切な 人とのお出かけなどは欠かせない楽しみです。 だけど私達は連休だと言って喜んでもいられません。たとえ休日でも、 夜間であったとしても、生きることに休みはありませんもの。そんなとき は大切な利用者さんと、一歩外の世界へ踏み出して、清々しい春の空気を 体に入れ、ともに国民の休日を楽しみたいものです。 介護だけで人を見ない、生命(介護・医療)、生活(暮らし)、人生(在 り方)を楽しみながら生きることを応援したい、そんな心のひろばで在り たいと思っています。

            | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
            2019年4月 井上信太郎より
            0

              エイプリルフールにちなんで エイプリルフールといえば嘘をついて良い日! この突拍子もない笑日は日本だけの 風習ではなく世界が認めた風習です。なぜこのような日を設ける必要があったのか明確な 由来はないそうです。なんともミステリアス。では 4 月 1 日をエイプリルフールとするな らばその他の日は嘘をついてはいけない日! と、とるべきでしょうか。 実は認知症の人と暮らす日々はエイプリルフールの連続です。暮らしの中には事実と 違った出来事が多々あり、毎日くすっと笑えることばかり。たとえばある日の私は昔の同 僚になっていたり、兄弟の子供、もっと近しい関係となることもあって時には配偶者にな ることだってあります。47 歳の私が 80 歳を超える方の夫となるのです。なかなかな年の 差カップルの誕生に笑うしかありません。 でも、笑顔になる理由はもっと他にもあって、認知症の人が私達ケアニン(ケアする人 間)を家族同様の存在として認めてくださるのは、より親しい(近しい)存在として受け 入れてくださってる証拠だからです。 認知症の人との暮らしはまるで夢の中のような世界です。それぞれの方の時間、場所、 人、物の認識がその人との関係性によってのみ存在するもので、現実とは無関係の場合が 多いです。嘘をついても良い日、エイプリルフールにちなんで言うならば、嘘をつくなら ばくすっと笑えたり、そのことによって誰かの幸せにつながるということが大事ですよ ね。それはもはや嘘というより思いやりと言えます。だけど、相手をおとしめたり自分の 利益のためだけにつく嘘は絶対にいけません。と、自分に言い聞かせたエイプリルフール でした。

              | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
              2019年3月 井上信太郎より
              0

                田中さんと祝う記念日 実は 2 月 22 日は弊社の創立記念日でした。西暦 2000 年に私の妻や母親、そして友人とのわず か 4 人ぽっちでスタートしたわが社も今年で 19 歳となり、総スタッフ数 100 名を超えるまでに 成長できました。ここまで成長できたのは弊社に関わるすべての人のおかげ。本当に感謝します。 例年あまり大々的なイベントはせず、粛々とその日をやり過ごしてきたのですが、今年の記念日 はスタッフの心遣いでとてもうれしい出来事がありました。 あるスタッフから「社長お話が・・・」と、こうくれば大体問題発生の合図、あー何を言われるの だろうとドキドキして待っていると、ケーキを持った複数名のスタッフと 15 年来のお付き合いの ある田中さんがお誕生日おめでとうとお祝いのセレモニーを開いてくれたのです。サプライズで祝 ってくれたこともうれしかったのですが、田中さんが来てくれたことが何よりの喜びです。という のも、田中さんは中途の障がいで現在はほとんど自宅での生活。僕は田中さんに昔っから「もっと 外に出るべき!」と強く言い続けてきました。家の中だけでテレビとにらめっこしていたらメディ アの中だけでしか生きられなくなってしまう。もっと現実に目を向けるためにも外へ出よ! とい う想いからです。 正直このようなやり取りの中で彼とは昔からよくケンカをしました。15 年も前の僕はまだ 30 代半ば、想い優先の介護福祉士。生きづらさを抱える人の気持ちを理解するどころか、介護福祉士 としての信念を貫くことの方が重要だった私。しかし田中さんはこの国でいうところの障がい者。 障がいを持つということは「本人にしかわからない生きづらさ」を持つということ。きっとあの頃 の僕にうんざりしながらも人の手を借りなくては生きてゆけない現実のなかで苦しかったのでは ないかと思います。 そんな田中さんが、心のひろばの誕生日にスタッフに車いすを押されわざわざ出向いてくれた。 多くはない外出の機会を私たちの誕生日にあててくれた。そしてその機会をコーディネートし支援 したスタッフ達。ひとつのケーキを囲んで生まれた笑顔に垣根はないなぁと、幸福感でいっぱいの 19 歳の誕生日でした。そしてもう今年は 20 周年に向けた特別なイヤー! 人間でいえば成人だ、 田中さんお互いやばいですね。

                | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
                2019年2月 井上信太郎より
                0

                  先日第 29 回東京都認知症対策推進会議に参加しました。私は東京都地域密着 型サービス協議会の副代表なので事業者の代表ということでの出席です。 東京都は行政の立場から様々な施策に取り組んでいます。例えば、認知症疾患 センターの設置に関することや、認知症とともに地域で暮らす地域づくりの ために、区市町村に対して補助を行なったりしています。 私がこの会議に参加するのは今回で 3 度目、毎回なにか胸のつかえを抱えた まま会議を終えていたのですが、今回意を決して次のような意見を述べました。 簡単に言うと、「認知症の人を地域で見守るための大切な会議に、当事者である 本人が会議に出席していないのはおかしい。当事者がこの施策を見たときに、 どのような気持ちになったのか、また、どのようなことを支えてほしいと思って いるのか、本人の思いや考えを聞くべきだ」というような内容のことです。 本人にその気持ちを聴かずして認知症を持たない私たちがわかったような顔を して話をするのはおかしいと思うのです。 欧米では“認知症の人”という言い方をせず、“認知症を経験している人” という言い方をするそうです。介護保険制度の目的は尊厳の保持と自立支援 です。向かうべき方向性の答えを持っているのは経験者である本人に他なり ません。

                  | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  2019年1月 井上信太郎より
                  0

                    謹賀新年 昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

                    本年も社員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心掛ける所存でございますので、なに とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 最近スタッフに読み聞かせている絵本があります。ヨシタケシンスケさんの『みえるとか みえないとか』です。一社会人に対して絵本の読み聞かせとはなんとも大人げないようです が、絵本からはそのビジュアルが伝えてくるメッセージ、また言葉少なに表現されている文 章を読み解く技術が養われ、コミュニケーションを主たる業務としている私たちにとっては とても勉強になるのです。 この絵本では、「人それぞれの違いを受け入れる、柔軟な心」の大切さを教えてくれます。 私たちはいつのころからか「みんな同じじゃなきゃいけない」という教育を受け、違ってい る人は遠ざけられるような社会にあるような気がしています。人はそもそも違ってあたりま え、違っていることをクスっと笑いあえるような寛容な社会を目指すべきだし、できれば高 齢者とか障がい者という言葉自体がなくなればいいのになぁと夢見ています。そのヒントは 笑いにあると思います!皆さん、いつか私と会ったときは、ぜひ皆さんと僕との違いを見つ けて優しい笑顔で話しかけてください。僕もきっとあなたと僕の違いを受け入れおもしろが りますから。そうやって笑いあうことで自分の違いを受け入れ、他者の違いを受け入れるこ とができ、互いがその存在を認め合えたこととなるでしょう。 井上信太郎

                    | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    2018年12月 井上信太郎より
                    0

                      11 月 26,27 日と、全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会の全国大会が石川 県金沢市で行われました。私はこの事業者団体の関東地区代表として理事を務めてい ます。この大会の目玉企画でもある実践発表会に、当社からも地域ケアサポート館福 わ家から大極光枝が登壇しました。 発表テーマは「勤続 18 年今私が福わ家でケアマネジャーとして働く理由」です。 当初ヘルパーとして入社、この仕事の楽しさを活かし介護支援専門員となった大 極。10 年間の居宅ケアマネを経験し、去年から小規模多機能福わ家のケアマネとし て新たな発見や驚いたこと、そしてこれからの自分について発表しました。当日は 堂々とした語り、笑いと充実した内容で私のみならず会場の感動を得ていました。こ の発表会では 40 事業所 4 分科会に分かれて行われ、A 分科会 7 番目の発表となった が、なんと A 会場でたった 1 名、全体でも 4 名だけがその権利を得られるアンコー ル発表に選ばれました。後半のアンコール発表ではコーディネーターやコメンテータ ーからも学びと共感の声もあり、質問に対しても適切に応答していました。 昨年の福わ家重藤の発表の時から、事業所の取り組みだけに注目するのではなく実 践者である自身の立場から事業所を客観視し、介護職としての自分の気持ちを発表す るという発表形式を取り入れています。自分の気持ちを述べるなど、ある意味専門職 集団の発表会では場違いな雰囲気もある中で、重藤も大極も、各事業場への誇りとこ の仕事の意味を全国の実践者に向けて発表してくれました。この連続した 2 年間の取 り組みが、今回アンコール発表で選出される結果となったのではないかと思っていま す。 私たちサービス提供者も人です。人が人を支援するうえで大切なことは個々の気持 ちです。心を持った人として、その専門性を向上させながらこれからの介護社会を育 んでいきたいものです。

                      | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ