blog index

ここひろブログ

私たちは東京都青梅市、羽村市で在宅介護を中心とした介護サービスを展開しています。また、地域で暮らし続けることができる社会を目指し、グループホームや小規模多機能型居宅介護、そして一般家事代行などを手がけています。
<地域ケアサポートステーション ここひろ青梅>
訪問介護・居宅介護支援・福祉用具販売・貸与
<ライフサポートステーション ここかじ>
一般家事代行
<地域ケアサポート館 福わ家(ふくわうち)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<地域ケアサポート館 福ら笑(ふらわー)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
10月全体会
0

     今月の全体会は、年に一度の福祉用具の研修会でした。

     今回は、「杖」について、その多様性奥深さについてです。

     まずは、歴史から紐解いてみました。時は紀元前まで遡ります。

     エジプトスフィンクスの旅人に対する質問です。

     『最初は4本足、次は2本足、最期は3本足

     これは何を表している?』

     そう、あまりにも有名な逸話です。答えは『人間』。

     産まれたては赤ん坊のはいはい歩き(4本足)。

     成人になり2本足で立ち、そして老いが進むと杖を使用して

     3本足になるのです。

     道具としての杖はこの時代から活用されていたのでしょう。

     そんな歴史から学び、杖の種類や選び方を勉強しました。

     そして、後半はウォーキングポールを利用してのストレッチ

     体操を行いました。

     このストレッチ体操は、所々で行われているもので

     これからますます知名度が上がる可能性があります。 

     また普通にウォーキングするよりもポールを利用しての

     ウォーキングのほうが運動量が上がることも実証されています。

     

     これからの時代、日常生活における福祉用具の必要性が

     求められるのは間違いありません。

     専門職としてこれから何を提供していかなくてはいけないのか、

     皆様にとって有益な情報や物をお届けしたいと思います。

     

     杖の長さを簡単に計算する方法として以下の計算式がよく用いられます。
     身長 × 0.5 + 2〜3cm 

     

      例) 160cmの方の場合:160 × 0.5 + 2〜3cm = 82〜83cm

     

         

     

       

     

    | 心のひろば | ここひろ青梅 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    9月全大会
    0

       

      9月の全体会は、年に一度の福祉用具の研修会でした

      今回は、「杖」について、その多様性奥深さについてです。

      まずは、歴史から紐解いてみました

      時は紀元前まで遡ります。

      エジプトスフィンクスの旅人に対する質問です。

      『最初は4本足、次は二本足、最期は3本足。これは何を表している?』

      そう、あまりにも有名な逸話です。

      答えは『人間』。

      産まれたては赤ん坊のはいはい歩き(4本足)。

      成人になり2本足で立ち、

      そして老いが進むと杖を使用して3本足になるのです。

      道具としての杖はこの時代から活用されていたのでしょう。

      そんな歴史から学び、杖の種類や選び方を勉強しました。

      そして、後半はウォーキングポールを利用してのストレッチ体操を行いました。

      このストレッチ体操は、所々で行われているもので

      これからますます知名度が上がる可能性があります。

      また普通にウォーキングするよりもポールを利用しての

      ウォーキングのほうが運動量が上がることも実証されています。

       

      これからの時代、日常生活における福祉用具の必要性が求められるのは間違い

      ありません。専門職としてこれから何を提供していかなくてはいけないのか、

      皆様にとって有益な情報や物をお届けしたいと思います。 編集:錦織

       

       

       

       

      | 心のひろば | ここひろ青梅 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
      8月全大会
      0

        8月の全体会は「認知症について」でした。

        講師に福ら笑の鈴木課長を招いて、四大認知症といわれる

        「アルツハイマー・脳血管症・レビー小体型・前頭葉型」の

        それぞれの特徴と症状について学びました。

        認知症を発症すると、その方のご家族だけでなく

        ご本人が一番不安で困惑します。

        しかも困っていることを自分で理解することや、

        言葉に出して表現することができません。

        私たち介護者は、ご本人やご家族の不安な時間を減らし、

        安心して笑顔で過ごせる時間を増やしていけるような支援を心がけています。
        介護者が原因で、認知症の方の不安を増やしてしまうことは

        絶対に避けるためにも、今後も学び続け知識を増やし、

        適切な対応をとっていけるように努めていきたいと思います。

                         編集:木場

         

         

        ここひろスタッフとヘルパーとで夏のイベントを開催しました!

        酷暑だった今年の夏、皆で暑気払いをしてもうひとがんばりします!

         

           

         

         

         

         

        | 心のひろば | ここひろ青梅 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
        7月全大会
        0

           

          7月の全体会は(有)

          心のひろば(ここひろ青梅・福わ家・福ら笑)の全体会で

          「リスクマネジメントについて」

          〜高齢者特有の事件・事故<被害にあわないために出来る支援について学ぶ>でした。

          講師に青梅警察署の方2名をお招きし、

          京都や青梅市管轄内で発生している犯罪、

          高齢者の迷い人状況や対応について講義して頂きました。

          オレオレ詐欺については実例を再現VTRで見ました。

           

          迷い人対応としては「いなくなった・・・」

          と思ったら迷わず「110」に電話をし‘迷い人手配依頼’を行い、

          他の管轄での保護状況の確認をして頂くのが最善の探索方法とのことでした。

           

          オレオレ詐欺は青梅市内では今年に入ってから22件の被害があり、

          その中でも70歳以上の方の被害は16件発生しているとのことです。

          犯人は本当に言葉巧みにこちらの不安をあおる手口で電話をかけてきます。

          こちらから言ってはいけないキーワードは「どうしたらいいですか?」の一言。

          この言葉を発してしまうと‘相手に合わせてしまう’結果となってしまいます。

          警察が推奨する対策として、一番の方法は

          【自宅の電話を留守番電話にしておくこと】だそうです。

          犯人は声を残すということをしないそうなので、

          電話は留守番電話の設定にした方が良いとのことでした!

          もしご自宅の電話に留守番電話の機能がない場合はご相談ください。

          「超簡単!留守電機能が我が身を守る」

          を合言葉に、被害にあわないよう気を付けたいと思います。  編集:京極

           

           

             

           

           

          新しく加わった、心のひろばスタッフです!

           

          | 心のひろば | ここひろ青梅 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
          6月全体会
          0

            6月の全体会は

            「病気に関する基礎知識“糖尿病について”」でした。

            心のひろば、大極ケアマネージャーを講師に、

            糖尿病の原因・種類・症状・合併症などについて学びました。

            日頃から利用者様のちょっとした体調の変化や

            違いに気付けるように、基礎疾患を理解し

            注意・配慮しなければと、改めて認識することができました。

            介護している私たちも日々、食事や生活習慣には

            十分気をつけて、利用者様との関わりを大切にしてまいりたい

            と思っております。           編集:大舘

             

                 

             

                

            | 心のひろば | ここひろ青梅 | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
            5月全体会
            0

              5月の全体会は「身体介護」について研修を行いました。

              心のひろばのスーパーバイザー水村さんを講師に、体位変換、

              オムツ交換、衣類の着脱などの実技研修を行いました。

              今、援助を行って困っていること、動き方や立ち位置など

              確認したいことをヒアリングして、ヘルパーが実際に見たい、

              聞きたい、やってみたい実技の演習を行いました。

              ヘルパー一人一人の声を聞きながら、現場ですぐに

              実践できることや、今はやっていなくても

              いざという時のために様々な身体介護技術、

              コツの確認をしました。

              基本は重要ですが、ご利用者様に合わせた対応が、

              その方にとって最善な対応となる旨を、

              改めて確認できた研修となりました。

              ご利用者様に安心して生活して頂ける支援の提供が

              出来るように引き続き、技術面のスキルアップも行って

              いきたいと思います。   編集:京極

               

               

                   

               

                   

               

                  

              | 心のひろば | ここひろ青梅 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
              4月全体会
              0

                4月の全大会は、『介護保険制度』についてでした。

                サービス提供責任者の福島が講師となり、

                ヘルパー研修を行いました。

                平成30年4月の介護保険改正の背景には

                高齢化の進展などにより、保険料が今後上昇することが

                見込まれており介護保険制度の持続可能性の確保が

                必要となっています。

                今回、サービス利用金額の変更がなされ、

                現役世代並みの所得のある方は負担割合が3割となります。

                また人材確保のため、生活援助中心型の担い手を拡大する

                ために新研修が創設され、サービスの質を確保していく

                ことになっています。

                今後、介護人材の処遇改善も更に検討されるようです。

                今回の研修では、介護保険で出来ること出来ない事、

                ヘルパーとして気をつける事を再度確認しました。

                これからも、ここひろ青梅で出来る事を模索しながら

                利用者様が安心して生活できます様、サポートさせて

                いただく事ができましたら幸いです!  編集:福島

                 

                   

                | 心のひろば | ここひろ青梅 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                12月全体会
                0

                   

                  新年、明けましておめでとうございます。

                  12月の全体会は「コミュニケーション技法」でした。

                  昨年は座敷でご馳走を囲んでの忘年会となりました。

                  普段はなかなかゆっくりと話ができないヘルパーと

                  ここひろスタッフとで、食事をしながら楽しい時間を

                  過ごしました。

                  そして今年もここひろ青梅一同、

                  心と心が通いあうサービスを提供できるよう励んで参りたいと思います。

                  今年もどうぞよろしくお願いいたします。             編集:矢萩

                   

                   

                   

                    

                   

                             

                    

                             

                  | 心のひろば | ここひろ青梅 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  11月全体会
                  0

                      

                    11月の全体会は「介護保険制度について」でした。

                    講師に、ライフサポートプラン思いのままの岡村ケアマネージャーをお招きし勉強しました。

                     

                        

                     

                    平成12年にスタートした介護保険は、
                    ー立支援(尊厳を保持し、出来ることは自分で)
                    ⇒用者本位(サービスの選択は利用者)
                    社会保険方式(保険料を徴収し、必要な人に保険給付を行う)を目的としています。

                     

                         

                     

                        

                     

                    サービスの内容は様々ですが(大きく分けると「居宅型」「地域密着型」「施設入所」)、

                    今回の研修では居宅と地域密着型サービスの各々の内容と、

                    その特徴について基本を理解することができました。

                    また、この制度がなかった頃の悲惨な状況の写真を見ながら、

                    私たちの仕事が担う役割の重要性を改めて確認できました。 編集:大極

                    | 心のひろば | ここひろ青梅 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    10月全体会
                    0

                      10月の全体会は「介護職としての基礎〜ヘルパーの仕事とは〜」でした。

                      介護職のプロとして仕事の内容を振り返りました。

                      ヘルパーという仕事はボランティアではありません。

                       

                      介護保険の仕組みを理解し、

                      法令遵守(介護保険法・障碍者自立支援法・個人情報保護法など)が原則です。

                       

                      また、ヘルパーとして利用者様のお宅に伺うのは個人ですが、

                      ここひろというチームで働いていることを自覚し、報告・相談をすることが大切です。

                       

                      事例を元に、何ができるかを具体的に話し合いました。

                      例えば、電話・ケーブルテレビの開通の手続きをするにはどうしたらよいか?

                      美味しいパン屋さんでパンを買いたい利用者様への対応は?

                      浣腸がご自身でうまくできないご利用者様への対応は?

                      など、内容は多岐にわたります。

                       

                      これら全てをヘルパーだけで対応するのではなく、

                      ここひろというチ―ム・ご利用者様やご家族様・ケアマネージャーや各事業者所など、

                      様々な視点から対応策を考えていきます。

                       

                      ここひろで働いている一人一人が利用者の生活を支える大切な存在です。

                      同じチームの一員として支えあっていくことが大切ですね。

                       

                         

                       

                      編集:矢萩

                      | 心のひろば | ここひろ青梅 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ