blog index

ここひろブログ

私たちは東京都青梅市、羽村市で在宅介護を中心とした介護サービスを展開しています。また、地域で暮らし続けることができる社会を目指し、グループホームや小規模多機能型居宅介護、そして一般家事代行などを手がけています。
<地域ケアサポートステーション ここひろ青梅>
訪問介護・居宅介護支援・福祉用具販売・貸与
<ライフサポートステーション ここかじ>
一般家事代行
<地域ケアサポート館 福わ家(ふくわうち)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<地域ケアサポート館 福ら笑(ふらわー)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<< 10月全体会 | main | HAPPY NEW YEAR 2019 >>
2019年1月 井上信太郎より
0

    謹賀新年 昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

    本年も社員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心掛ける所存でございますので、なに とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 最近スタッフに読み聞かせている絵本があります。ヨシタケシンスケさんの『みえるとか みえないとか』です。一社会人に対して絵本の読み聞かせとはなんとも大人げないようです が、絵本からはそのビジュアルが伝えてくるメッセージ、また言葉少なに表現されている文 章を読み解く技術が養われ、コミュニケーションを主たる業務としている私たちにとっては とても勉強になるのです。 この絵本では、「人それぞれの違いを受け入れる、柔軟な心」の大切さを教えてくれます。 私たちはいつのころからか「みんな同じじゃなきゃいけない」という教育を受け、違ってい る人は遠ざけられるような社会にあるような気がしています。人はそもそも違ってあたりま え、違っていることをクスっと笑いあえるような寛容な社会を目指すべきだし、できれば高 齢者とか障がい者という言葉自体がなくなればいいのになぁと夢見ています。そのヒントは 笑いにあると思います!皆さん、いつか私と会ったときは、ぜひ皆さんと僕との違いを見つ けて優しい笑顔で話しかけてください。僕もきっとあなたと僕の違いを受け入れおもしろが りますから。そうやって笑いあうことで自分の違いを受け入れ、他者の違いを受け入れるこ とができ、互いがその存在を認め合えたこととなるでしょう。 井上信太郎

    | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    bolg index このページの先頭へ