blog index

ここひろブログ

私たちは東京都青梅市、羽村市で在宅介護を中心とした介護サービスを展開しています。また、地域で暮らし続けることができる社会を目指し、グループホームや小規模多機能型居宅介護、そして一般家事代行などを手がけています。
<地域ケアサポートステーション ここひろ青梅>
訪問介護・居宅介護支援・福祉用具販売・貸与
<ライフサポートステーション ここかじ>
一般家事代行
<地域ケアサポート館 福わ家(ふくわうち)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<地域ケアサポート館 福ら笑(ふらわー)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<< 2020年1月 井上信太郎より | main | 鬼わ〜外! 福わ〜家!! >>
2020年2月 井上信太郎より
0

    原点回帰 タケル(仮名)さんと

     

     これまでたくさんおじいさんおばあさんとの出会いがあり、そして別れがあった。

    中でも現在福祉の仕事に携わるうえでの責任感と、使命感を感じさせてくれたのが、タケルさんとの出会いでした。

    それは私がまだ26歳、特別養護老人ホーム(以下特養)で副主任として働いていた時のこと。

    タケルさんは今の要介護認定でいえば要支援1程度の状態で、かつ精神面での自立度も高く、自分自身の意見をはっきりと発言することが出来る人でした。

    周囲の説得なのか、ユートピア伝説を信じてしまったのか、入所理由がよくわからない謎の入所となった。

    そんなタケルさんは入所1ヶ月もたつと特養という環境に次第と不満を抱くようになり、「退所したい」と口にすることとなります。

    タケルさんの状況から言えば当然の訴えなのだけど、いまさら...。

    入所の決断を誤りであったと悔やむタケルさん、当時フロアリーダーである私に毎日のように辛い表情で訴えかけてくるのです。

    しかし時代は措置制度下、そうそう簡単に入所も退所もできません。

    僕がしたことはなかなか難しいねぇとお茶を濁すような会話だけ、あまりに僕たち職員の態度がつれないため、さすがのタケルさんも退去は叶わないのだという現実を受け入ざるを得なくなっていきます。

    当初の元気もりもりで、はきはきとした表情は曇りがちとなり、施設という環境に慣れようしているかのようにすら見えました。

    自分でできることまでスタッフに頼むようになるなど、スタッフに依存してしまっている?という状態になりかけたタケルさんですが、ある一つのことを私に懇願するときだけはかつての意気揚々とはきはきした姿を見せてくれるのです。

    それは「自宅で、自分で淹れたコーヒーを飲みたい」というもの。

    今の私の事業所であれば簡単に実現できる望み。

    だけど、措置制度下においてはいったん入所させた人を一時帰宅させるなどの前例もなく、高いハードルとなって立ちはだかります。

    私自身に置き換えて考えると、自宅で淹れたコーヒーを飲むなどということはあまりにも当たり前の話。

    あえて人に懇願してまで実現させたいと願うようなことではない。しかし私の職場においてはそんな当たり前と思えるようなことですら、実現することができない。

    私は一人の介護職として、介護とは何か?支援とは何か?個別援助計画や自立支援とは、だれのために、何のためにあるのか?と悩みを持つ日々となり、だんだんと自分の仕事に自信が持てなくなってしまうのです。

    このままではいけない、そんな情けない自分でいるのは嫌だし、何より僕は曇りがちな表情のタケルさんより、「コーヒーを飲みたい!と言っているタケルさんのほうが断然好き。

    もしもこの言葉すらタケルさんから出なくなったとしたら、タケルさんも僕自身もきっと納得のいかない未来になってしまうのではなかろうか。

    そんなことが怖くなってしまったのです。

    そして僕は一念発起し、「自宅で、自分で淹れたコーヒーを飲みたい」この言葉の実現に向けて動き出すこととしたのです。

    以下次号へ

    | 心のひろば | 井上信太郎より | 14:26 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする


          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    bolg index このページの先頭へ