blog index

ここひろブログ

私たちは東京都青梅市、羽村市で在宅介護を中心とした介護サービスを展開しています。また、地域で暮らし続けることができる社会を目指し、グループホームや小規模多機能型居宅介護、そして一般家事代行などを手がけています。
<地域ケアサポートステーション ここひろ青梅>
訪問介護・居宅介護支援・福祉用具販売・貸与
<ライフサポートステーション ここかじ>
一般家事代行
<地域ケアサポート館 福わ家(ふくわうち)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
<地域ケアサポート館 福ら笑(ふらわー)>
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
2019年2月 井上信太郎より
0

    先日第 29 回東京都認知症対策推進会議に参加しました。私は東京都地域密着 型サービス協議会の副代表なので事業者の代表ということでの出席です。 東京都は行政の立場から様々な施策に取り組んでいます。例えば、認知症疾患 センターの設置に関することや、認知症とともに地域で暮らす地域づくりの ために、区市町村に対して補助を行なったりしています。 私がこの会議に参加するのは今回で 3 度目、毎回なにか胸のつかえを抱えた まま会議を終えていたのですが、今回意を決して次のような意見を述べました。 簡単に言うと、「認知症の人を地域で見守るための大切な会議に、当事者である 本人が会議に出席していないのはおかしい。当事者がこの施策を見たときに、 どのような気持ちになったのか、また、どのようなことを支えてほしいと思って いるのか、本人の思いや考えを聞くべきだ」というような内容のことです。 本人にその気持ちを聴かずして認知症を持たない私たちがわかったような顔を して話をするのはおかしいと思うのです。 欧米では“認知症の人”という言い方をせず、“認知症を経験している人” という言い方をするそうです。介護保険制度の目的は尊厳の保持と自立支援 です。向かうべき方向性の答えを持っているのは経験者である本人に他なり ません。

    | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    HAPPY NEW YEAR 2019
    0

      新年あけましておめでとうございます。

       

      今年も心がほっこりした出来事や素敵なストーリーをたくさんUPしていき、今私スタッフが感じたことなどここから発信していきたと思っております!今年もどうぞよろしくお願い致しま〜す(*^▽^*)

       

      昨夜の大みそかはどのように過ごしましたか?

      私たちは、いつものように利用者様に、昔はどんなだったか?また自分だったらどうしてるかな?と考えながら話をしました。

       

      「初日の出が見れるのは明日だけ(元旦の日の出)なんだよ〜」

      「おせちは手作りだったな〜。今年もおせち食べれるの?数の子食べたいな〜」

      「昔はこんな時間にテレビなんか見れなかったよ・・・」

      「真っ黒になるまで働けって意味で正月には黒豆を食べるんだよ!」(ホホ〜そうなんですか)等たくさん話を聞くことが出来ました。

      そして、寝る前に「明日早起き出来たら初日の出見に行こうね。平成最後なんだから・・・おやすみ」と言われました。

       

      翌朝5時コールが…♪

      「もう行く時間だろ!」

       

       

      起きてこられた方と・・・(行ってきました)

       

       

      太陽が顔を出す前から、ずっとあそこにでるぞ。いやあっちの方よ。など・・・話が止まりませんでしたw

       

      太陽が出る瞬間。シーンと今まで話をしていたのが嘘のよう。息を止め初日の出をみる👀

       

      太陽が昇ったら「もう戻ろ」っと。確かに外は寒かったので・・・急いで車に戻りました。

       

      帰りは、冷えた体をホットコーヒーで温め、また太陽に照らされる素敵な富士山も見ることができご利用者様からは喜びの声がたくさん聞けた一日の始まりとなりました(´▽`*)

       

       

       

      〜福わ家のおせち〜

       

       

       

      寒い日がまだまだ続きますので、皆さんお体にはお気をつけてお過ごしください。

       

       

       

       

       

       

       

      | 心のひろば | - | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
      2019年1月 井上信太郎より
      0

        謹賀新年 昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

        本年も社員一同、皆様にご満足いただけるサービスを心掛ける所存でございますので、なに とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 最近スタッフに読み聞かせている絵本があります。ヨシタケシンスケさんの『みえるとか みえないとか』です。一社会人に対して絵本の読み聞かせとはなんとも大人げないようです が、絵本からはそのビジュアルが伝えてくるメッセージ、また言葉少なに表現されている文 章を読み解く技術が養われ、コミュニケーションを主たる業務としている私たちにとっては とても勉強になるのです。 この絵本では、「人それぞれの違いを受け入れる、柔軟な心」の大切さを教えてくれます。 私たちはいつのころからか「みんな同じじゃなきゃいけない」という教育を受け、違ってい る人は遠ざけられるような社会にあるような気がしています。人はそもそも違ってあたりま え、違っていることをクスっと笑いあえるような寛容な社会を目指すべきだし、できれば高 齢者とか障がい者という言葉自体がなくなればいいのになぁと夢見ています。そのヒントは 笑いにあると思います!皆さん、いつか私と会ったときは、ぜひ皆さんと僕との違いを見つ けて優しい笑顔で話しかけてください。僕もきっとあなたと僕の違いを受け入れおもしろが りますから。そうやって笑いあうことで自分の違いを受け入れ、他者の違いを受け入れるこ とができ、互いがその存在を認め合えたこととなるでしょう。 井上信太郎

        | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
        10月全体会
        0

           今月の全体会は、年に一度の福祉用具の研修会でした。

           今回は、「杖」について、その多様性奥深さについてです。

           まずは、歴史から紐解いてみました。時は紀元前まで遡ります。

           エジプトスフィンクスの旅人に対する質問です。

           『最初は4本足、次は2本足、最期は3本足

           これは何を表している?』

           そう、あまりにも有名な逸話です。答えは『人間』。

           産まれたては赤ん坊のはいはい歩き(4本足)。

           成人になり2本足で立ち、そして老いが進むと杖を使用して

           3本足になるのです。

           道具としての杖はこの時代から活用されていたのでしょう。

           そんな歴史から学び、杖の種類や選び方を勉強しました。

           そして、後半はウォーキングポールを利用してのストレッチ

           体操を行いました。

           このストレッチ体操は、所々で行われているもので

           これからますます知名度が上がる可能性があります。 

           また普通にウォーキングするよりもポールを利用しての

           ウォーキングのほうが運動量が上がることも実証されています。

           

           これからの時代、日常生活における福祉用具の必要性が

           求められるのは間違いありません。

           専門職としてこれから何を提供していかなくてはいけないのか、

           皆様にとって有益な情報や物をお届けしたいと思います。

           

           杖の長さを簡単に計算する方法として以下の計算式がよく用いられます。
           身長 × 0.5 + 2〜3cm 

           

            例) 160cmの方の場合:160 × 0.5 + 2〜3cm = 82〜83cm

           

               

           

             

           

          | 心のひろば | ここひろ青梅 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2018年12月 井上信太郎より
          0

            11 月 26,27 日と、全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会の全国大会が石川 県金沢市で行われました。私はこの事業者団体の関東地区代表として理事を務めてい ます。この大会の目玉企画でもある実践発表会に、当社からも地域ケアサポート館福 わ家から大極光枝が登壇しました。 発表テーマは「勤続 18 年今私が福わ家でケアマネジャーとして働く理由」です。 当初ヘルパーとして入社、この仕事の楽しさを活かし介護支援専門員となった大 極。10 年間の居宅ケアマネを経験し、去年から小規模多機能福わ家のケアマネとし て新たな発見や驚いたこと、そしてこれからの自分について発表しました。当日は 堂々とした語り、笑いと充実した内容で私のみならず会場の感動を得ていました。こ の発表会では 40 事業所 4 分科会に分かれて行われ、A 分科会 7 番目の発表となった が、なんと A 会場でたった 1 名、全体でも 4 名だけがその権利を得られるアンコー ル発表に選ばれました。後半のアンコール発表ではコーディネーターやコメンテータ ーからも学びと共感の声もあり、質問に対しても適切に応答していました。 昨年の福わ家重藤の発表の時から、事業所の取り組みだけに注目するのではなく実 践者である自身の立場から事業所を客観視し、介護職としての自分の気持ちを発表す るという発表形式を取り入れています。自分の気持ちを述べるなど、ある意味専門職 集団の発表会では場違いな雰囲気もある中で、重藤も大極も、各事業場への誇りとこ の仕事の意味を全国の実践者に向けて発表してくれました。この連続した 2 年間の取 り組みが、今回アンコール発表で選出される結果となったのではないかと思っていま す。 私たちサービス提供者も人です。人が人を支援するうえで大切なことは個々の気持 ちです。心を持った人として、その専門性を向上させながらこれからの介護社会を育 んでいきたいものです。

            | 心のひろば | 井上信太郎より | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
            福わ家日帰りファミリー旅行〜墨田区ソラマチ〜
            0

              先日福わ家日帰りファミリー旅行で墨田区ソラマチに行ってきました。

               

              バスの運転は代表自ら行いました(^^♪

              今年は初参加のご家族か多く参加してくださいました。

               

              昼食は・・・

              31F(最上階)での食事🍴

              眺めも食事も最高でした(´▽`*)

              特に利用者様、ご家族、スタッフ女子の好評でした〜

              やはり花より団子なのかもしれません(笑)

               

               

               

              食事のあとは・・・

              ソラマチ水族館を散策👣

               

              天気にも恵まれ楽しい時間を皆で過ごすことができました。

              ありがとうございます。

              また、来年も楽しみにしています(*'▽')

              | 心のひろば | - | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
              9月全大会
              0

                 

                9月の全体会は、年に一度の福祉用具の研修会でした

                今回は、「杖」について、その多様性奥深さについてです。

                まずは、歴史から紐解いてみました

                時は紀元前まで遡ります。

                エジプトスフィンクスの旅人に対する質問です。

                『最初は4本足、次は二本足、最期は3本足。これは何を表している?』

                そう、あまりにも有名な逸話です。

                答えは『人間』。

                産まれたては赤ん坊のはいはい歩き(4本足)。

                成人になり2本足で立ち、

                そして老いが進むと杖を使用して3本足になるのです。

                道具としての杖はこの時代から活用されていたのでしょう。

                そんな歴史から学び、杖の種類や選び方を勉強しました。

                そして、後半はウォーキングポールを利用してのストレッチ体操を行いました。

                このストレッチ体操は、所々で行われているもので

                これからますます知名度が上がる可能性があります。

                また普通にウォーキングするよりもポールを利用しての

                ウォーキングのほうが運動量が上がることも実証されています。

                 

                これからの時代、日常生活における福祉用具の必要性が求められるのは間違い

                ありません。専門職としてこれから何を提供していかなくてはいけないのか、

                皆様にとって有益な情報や物をお届けしたいと思います。 編集:錦織

                 

                 

                 

                 

                | 心のひろば | ここひろ青梅 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                〜生活する〜
                0

                  昨日は一番の冷え込みで朝はとっても寒かったですね〜どこかでは初霜が観測されたそうです。

                  日中はポカポカとまではいかないですが、日向は暖かかったです☺

                  ベランダで日向ぼっこしている利用者様が・・・「お月様がみえる!みえる!」と一緒に空を見上げる。

                  気持ちがいいので、そのままみんなで洗濯干し

                  みんなでやるとあっという間〜

                   

                  下からパンパンと音が・・・

                  覗いてみると・・・

                  布団干してる〜

                   

                  素敵な空に皆で癒されました〜

                  とってもきれいな空だったので、そのままベランダでティータイム(^^♪

                  爽やかな日を過ごすことができました〜

                   

                   

                  | 心のひろば | - | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  2018年11月 井上信太郎より
                  0

                    心のひろばは 2000 年に誕生しました。 時の流れに身を任せ、気がついたらもう 18 年 という歳月が流れている。すごいなぁよく 頑張ったなぁとも思えますが、私たちは社名に恥じず、 たくさんの心を集わせ、素晴らしいひろばとすることができたのだろうか、 自問自答を繰り返しております。 29 歳で有限会社心のひろばを起業した私も、今年で 47 歳となりました。 おかげさまで今のところ大きな健康上の問題もなく充実した毎日を送ってい ます。しかしそんな私がこれから病気や障がい、また日本の高齢社会の大き なテーマともなっている‟認知症“をもつことになるかもしれません。 国は言います、地域包括ケアシステムのキーワードとして‟我がこと丸ご と”と。しかし認知症を我がこととして捉えることはそう容易な話ではあり ません。なぜならば人は経験したものにしかわからない痛みというものがあ るからです。人の痛みを理解し我がこととして捉え、和らげるためには、や はり‟心のひろば“が大切であろうと思うのです。 このニュースレターが、お読みいただく皆様の気持ちに寄り添ったもので、 かつ心のひろばに集まるきっかけとなることを期待します。皆様どうぞ温か い目で見守っていただけたらと思います。 井上信太郎
                     

                    | 心のひろば | 井上信太郎より | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ハッピーハロウィン!
                    0

                      ハッピーハロウィーン!!

                      福わ家にも、小さなお化けと大きなおばけ達がやってきました〜

                      「おいで、おいで。お菓子あげるよ。」と声をだし笑顔で子供たちとの時間を過ごしていました。

                      子供たちが後にすると・・・

                      「ねぇ〜明日もあの子たち来るの??」

                      また、来年小さいお化け達は遊びにきてくれるかもですね〜

                      「なんだよ。明日は来ないのか・・・」と少し残念そうでした。

                       

                      「子供たちより私たちばーちゃんが楽しんでたな」と利用者さん同士で話をしていました。

                       

                      いつも同じ生活はつまらないな・・・楽しい事がしたい。たくさん笑いたい。と利用者様の声からスタッフと一緒に考え企画した今日の”福わ家ハロウィーン”楽しい時間を共に過ごせたことに感謝♡

                       

                      また来年も小さいお化けが福わ家にやってくるかな〜(*'▽')・・・

                      | 心のひろば | - | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ